FC2ブログ
邪影丸@がんばれない
いまさらバーチャ2についてのよもやま話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実機バーチャ2.1(model2)稼働のための電子工作 その4

さてちょっと間が開いてしまいましたが作業は進んでおります
つか現時点でほぼ完成しておりますが説明が追いついていません

さてコントローラーですが既製品を改造して、作成しております
簡単に説明すると外側はRAPなんかを使って、中身は制御基盤を抜いて、model2からきてるボタンやレバーの配線を直接ボタンなどに付けました



コマコンの時にも説明しましたが各種ボタンなどの配線を、ボタンなどを介してGNDに繋げるだけなのでそんなに難しくありません
バーチャ2なんでレバー4方向とPKGスタートのボタン4つにしました
んで、基盤からコントローラーまでの配線はバラバラの線使うとあれなんで、9芯の配線を使おうと考えました
丁度RS232C(D-sub9)が9芯なんで丁度いいなと、半田用のコネクタを買ってきてコントローラー側の配線をしました
これなら取り外しもできますし
上の写真の配線の行き先がコネクタになってます



外側のRS232Cを繋げてるのが上の写真
これはストレートケーブルじゃないとだめなので買うときは気をつけてください



んでこれがビデオアンプ回路です
簡単に言うと分配なんかで弱まったRGB信号を強くして出す回路です
結論からいうと多分なくても平気でした
配信するために分配しようと思ってたのでつけたのですが無くても目に見えるほどの差はないですね

基盤の空いてる部分は、分配用のビデオアンプか同期信号を分離する回路用に空けてたのですが、どちらも使いませんでした

んで、モニターに繋いだ訳ですが
とりあえずゲームするだけなら24KHz対応のモニターにぶち込めば見れます
三菱か飯山のモニターならかなり対応してるみたいです
他でも調べればわかるんですが、これってスペックに書いて無いんですよね
まぁ運が悪いと動かないかもしれません

で、配信するためには31KHzにアップスキャンが必要ってことで中華製の3000円位のスキャコンを密林で購入
ネットにはほとんど稼働情報がないヤバそうなやつ



RGBを分配してぶち込んでみると動く動く
モニターに送って確認してみるときちんと31KHzになってます
体感できるラグもなし
ただ多少遅れてるっぽいので1、2Fはあるんでしょうね

ただし暫くすると色がおかしくなってくる
中華だししょうがないかなーと思ってたんですが
ふとスキャコンの電源に使ってるmodel2の5Vアウトプットを測ってみると4.7Vしか出てない

スキャコンの入力は5~12Vってことなんでこれが原因かもとATX電源から12Vを直接入力
ちゃんと動きました
電圧が足らなかったんですね

つーわけでアップスキャンも無事成功して予定してた構成ができあがりました
VGAtoHDMIのアダプターが届けば無事配信もできそうです

あとはファンの配線とコード類をどうすっかですね
かなり場所をとってます

詳しい構成品とどこで買うかは後日まとめます
コントローラーと配信しなければ、値段高いのは中古のATX電源とモニター位で二万かからないかな
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2018/09/30 16:04] | # [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jaei

Author:jaei
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。