FC2ブログ
邪影丸@がんばれない
いまさらバーチャ2についてのよもやま話など

東京バーチャ地図 明大前編

バーチャ2をある程度やっていれば一回は聞いたことのある地名だと思いますが
地方の人からすればどこだそれは?って感じでしょうか
東京の人でもメジャーな地名とは言えないですね

明大前が有名になったのはアテナ杯の優勝が一番じゃないでしょうか
四回五回の二連覇でしたっけ?
ナミキという小さなゲーセンに巣くう人々がこのゲーセンを有名にしました
まぁぷよぷよの聖地という一面もあったようですが

有名なプレーヤーとしては
ビンボーラウ、借金アキラ、明大前うるふぃー、明大前ちゃっきー辺りでしょうか
借金アキラを除けば各キャラでの最強プレーヤー達ばっかりです

・ビンボーラウ
ナミキで店員やってたのかな?容赦のないプレイスタイルでVF2で最強のラウ使い
初対面の人(といっても身内に近い)に向かってなにこいつ、超よえーとか言っちゃうくらいのどS
アイドルゲーマーみたいな感じで売り出す企画があったとか
まぁアイドルはどうかと

・明大前ちゃっきー
メストライター。VF2きっての理論派
駒TJと並んでVF2最強のジャッキー使い
サラも上手かったりする
人によっては2最強のサラ使いだと言う人もいた
ただ反応とコマンドは普通のプレーヤー以下、読みと知識でどこまで行けるかを体現した人だと思います
博打を極端に嫌っていて、博打サマーとか出しちゃうと本気で怒られます。
ファジーガードの発見者?だったりもします

・明大前うるふぃ~
下パン10万連打で有名
ウルフェイと並んでVF2最強のウルフ使いでした。
まぁウルフェイ自体はうるふぃ~の真似してる部分も多かったので、そういう意味ではNO.1ウルフ使いでしょうね
凄く冷静な試合運びするのが特徴でやってると心が折れそうになる時がありました
ビンボーラウとは、ウルフでもう対戦しねえとかいってたそうでアキラなんかも使ってましたね
まぁあのラウと好き好んで重量級でやる人は少ないでしょうね、いくらお金があっても足りません

・借金アキラ
メストライター
躍歩を出そうとしているのになぜか裡門が出る借金裡門で有名ですね
しかもその裡門が強いからたちが悪い
うるふぃ~なんかが出る前は、借金・ちゃっきー・ビンボーが明大前のチームでした
もう一人お金に絡むリングネームの人がいて3大貧乏とか言ってたような気がしましたが忘れちゃいました
明大前の中で一番愛想のよい方だったと思います。

・鉄夫
実家があるお菓子の工場で金持ち
マンガ喫茶でバイトしながらのミュージシャンでもあった
2はアキラ使ってて3はじじい使ってたのかな
国分寺とも仲が良く(もともと国分寺なのかな?)橋渡し的な感じになってましたね
話が超面白い、プレイはいたって普通だったり

・チャラ夫(明大前カゲ?)
明大前一の問題児
大会当日に普通にすっぽかしたりします(まぁそれでアテナ杯決勝まで行っちゃう明大前も明大前ですが)
もともと吉祥寺によくいたんで私とも仲が良かったりします
昔、吉祥寺のゲーセンの裏でタバコ吸ってる時に私服警官に注意されたことがありました
その時、私と一緒にいたチャラ夫が、警官に君は大人なんだから君が注意しなきゃだめだろうと言われたんですが「話に夢中になってタバコ吸ってるのに気づきませんでした」とか言って面白かった記憶があります
初対面の太平カゲ(当時高校生で学ラン着てた)に対し、チャックを開けながら「飴玉舐めるか?ボウズ」って言ったりと伝説が多くあります。
ここには書けないようなものも多くありますね
バーチャでは半年くらいの間、私が一回も勝てなかった相手でもありました
有利不利の見極めと2択がうまかった

まーメインの方々をあげるとこんな感じでしょうかね
他にもいらっしゃったんですがこんなところで割愛しときます


そうそう明大前のプレーヤーの特徴として鬼ガードがあげられます
徹底的にファジーを使用して不利なところで暴れることはまずしません
まぁビンボーみたいな人がいるとそうなるのも必然だと思います
その影響でVF2後期の東京ではファジーを多用した固い戦い方が主流になりました


まーなんにせよ、あんな普通のゲーセンでよくもまあこれだけの強豪がそろったものだと感心しますね
スポンサーサイト

松戸ソニック

えーVF2の対戦台があるという松戸ソニックですが箱の何人かの方で6月中にロケハンにいくという話がでています
日曜日の夕方から夜くらいにかけて早めの時間になるのかな
具体的に詰めてませんので詳細は後日

あくまでイベントの前のロケハンで録画環境などの確認です
原田さんが確認したところ一台500円で貸切ってことなのでかなり安くなりそうです

実は昨日のPSの飲みオフに参加させていただいたのですがPS勢の方も乗り気でしたね
日にちにもよりますが総勢10人以上にはなりそう
クラブとか国際フォーラム貸切って箱とPS持ち込んだイベントの話も出たんですがそちらはイベントに詳しい方と話進めてみます

東京バーチャ地図 秋葉原編

東京でバーチャが盛んだったところを紹介します
第1回はなぜか秋葉原

秋葉原は今もまだあると思いますがセガが対戦が盛んでした
前にも書きましたが電気街(店員)ラウさんがランキングバトルなど各種イベントをやっててバーチャ2後期でも人が多く対戦相手には困らない場所でしたね
あえてspotとの違いをいうとすれば2~30連勝すると常連連中以外は乱入してこなくなるのがやや困りものでしたが
階段を下りたところにメガロが二台設置されており、そこでイベントを行う豪華仕様でしたね

当時、地元プレイヤーとして名が通ってたのは、赤パンpkウルフ(wo)、青さん(wo)、オドパンジェフリー(je)、KOカゲ(ka)、電気街サラ(sa)、お子様ジャッキー(ja)あたりでしょうか

見てわかる通り重量級が多く、一般的にいわれる強キャラのアキラ、ラウがいないのが特徴です
もちろん常連以外も多い場所だったのでまったくいないわけではないのですが、常連1軍に強キャラがいなかったのが、大きな大会で結果を出し切れなかった理由だったかもしれませんね

基本的なスタイルはカウンター投げや下パンセンサーを駆使してくるのではなく、打撃で押してくる感じですかね

各プレイヤーの特徴をあげると

赤パンPKウルフ
秋葉の中では強いと聞いていたんですがそれ程印象にのこってないかも、身内に強いタイプかもしれません。バイパーズの方が有名?

青さん
一言でいえば渋い大人。オドパン、KOが子供だっただけに余計そう見えたのかも。秋葉原の良心でもありました。

オドパンジェフリー
KOと並んで秋葉の大きなお友達の一人。リングネームは黄土色のパンツカラージェフを使ってるからとかそんな理由だったかな。一日だけ体験入店したホストクラブでの源氏名は頼朝。

KO影
東京で2.1後期まで残っていた貴重な影使いの一人。舌がとんでもなく長い変態でもある。よく百円ライターを改造して炎が2~30cm位まで上がるようにしてた。すぐにガスがなくなるとか言っててアホかと。人に貸して誰かが前髪焦がしてた気がする。46投げの自動二択をよく使ってたかな。カウンターはあんまり上手くなかったかも

電気街サラ
見た目に似つかわしくなくぷよぷよが上手。そっちでは違うリングネーム使ってたのかな。犬が怖くて走って逃げる。DJの出しどころ、ディレイのかけかたが絶妙だった気がする。秋葉原3バカトリオの一人。ランニングシャツ多め。

お子様ジャッキー
見た目は子供、中身も子供、だけどバカ3人に比べるとずいぶん大人びてたかも。お子様と電気街サラの二人は新宿来たり町田行ったり割とアクティブだった気がする。年の差ですかね。ちゃっきー大好き。

こうやってまとめてみると半分以上はバカしかいませんでしたね。まあ話してて面白かったからランバト行ってた部分もあるかもしれません。あんときは飲み行ったりとか年齢的にもなかなかなかったから、今考えると飲み行ってみたかったなぁ。多分お腹痛くなると思います。

ランバトの時は、サモハン(真本八幡アキラ)や小岩サラなんかも来てたりして、盛んでしたね。
順位戦なので、あんまり強くなくても参加できるってとこがいいシステムだったと思います。
上位は上位、下位は下位とあたるようなかんじです、まぁランキングバトルなんで。

思い起こしてみても秋葉のセガは楽しかった思い出の一つですね。

プロフィール

jaei

Author:jaei
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR